>
事業内容

事業内容

 

 

 社会福祉法人ごきげんらいぶ理事長

 

設立当初の障害者の総合施設をつくる会は、障害のある人たちが「元気に生き、働き、暮す場を保障する」ことを運動理念として活動してきました。その第一歩が今般の施設整備事業です。この働く場では、所得の保障を図ってまいります。次は暮らしの場(グループホームなど)を建設してまいりたいと考えています。

理事長 井出信男

 

沿革

1996年 1月

障害者の総合施設をつくる会結成

1997年10月

心身障害者地域デイケア施設らいぶ設立

2004年 4月

同第二らいぶ設立

2012年 3月

NPO法人ごきげんらいぶ承認

2012年 4月

「らいぶ・第二らいぶ」を統合し、就労継続支援B型事業所らいぶへ移行

2012年 9月

社会福祉法人ごきげんらいぶ設立

2013年 9月

多機能型事業所らいぶを開所

福祉・介護職員処遇改善加算Ⅰを取得

福祉・介護職員等特定処遇改善加算Ⅰを取得

  生活介護  就労継続支援B型

2014年 2月

特定相談支援事業所らいぶを開設

精神障害者の地域移行支援に関する研修を終了し、専門的な知識及び技術を持つ相談支援専門員を配置しています。
平成31年2月26日 受講者 坂内 七重
平成30年度埼玉県相談支援従事者専門コース別研修(地域移行支援)
「医療と保健・福祉の連携研修」受講

 

代表の井出信男は一貫して代表、理事長、所長を勤める。

団体の目的
(定款に記載された目的)
多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的とする。
団体の活動・業務
(事業活動の概要)
第二種社会福祉事業
2013年9月より多機能型事業所らいぶ(生活介護 利用者定員30名、就労継続支援B型 利用者定員15名)を運営している。また、2014年2月より特定相談支援事業所らいぶを運営している。
今後の活動の方向性・ビジョン
  1. 社会福祉法人ごきげんらいぶは、障害のある人の命と働く場と生活する場を保障してまいります。
  2. 東日本大震災のような大きな災害が発生した場合は、施設を避難場所として提供してまいります。
  3. 将来は、元気な高齢者が支援を必要とする高齢者を支え合う仕組みづくりの拠点になれたらと考えています。
定期刊行物 広報紙らいぶ 隔月におよそ600部発行しています。
企業・団体との協働・共同研究の実績
  1. NPO法人川口市民環境会議と連携してのリサイクルローソク作り。
  2. 川口市内障害者施設運営団体連絡会と協働しての古紙回収など。
  3. かわぐち麦MISO倶楽部と連携しての味噌作り。